FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

押目・戻り

2014/05/01

宮崎です。
今日は複数のインジケーター利用例を交えての
トレード報告です(^-^)v

自分が行っているトレード手順ですが
BullBear(通貨選びで迷っていませんか?)でトレンドが出ている通貨ペアを探します。
ラインアラーム(トレンドラインを抜けたらアラームが鳴ります)でレンジブレイクを確認して
トレンドが出ている通貨ペアの押目・戻りを狙って行きます。
③各種インジケーターの出動です
PMulti(高勝率をお望みならば・・・)
ゴルスパFXトレンド(ゴルスパFXはトレンドを掴めば簡単?)
Entry&Exit

裁量判断でのラインブレイク第2波(押目・戻り)狙いの確率を上げる手段として
各種インジケーターを利用しております。
画像の纏めました。
今日のトレード履歴です。

AUD/JPY5分足チャートです。
赤色四角でSellエントリーしました。
+20pipsでした。

EUR/AUD5分足チャートです。
青色四角でBuyエントリーしました。
+20pipsでした。

インジケーター購入頂いた方とSkype勉強会やってます(^-^)v
インジケーターの使い方や裁量スキルアップを一緒に勉強しております。
興味のある方はご連絡下さい(=^_^=)

自分が裁量を教えて頂いた師匠です。
「海沼光城」先生です。
「みつしろ」先生でFX業界では知れ渡っております(^-^)v
無料メルマガとブログに掲載されている無料動画を見るだけでも
充分に裁量スキルアップに繋がると思います。
みつしろ先生の無料ブログはこちらから 

プライスアクションを学びたい方にお勧め
動画も豊富にアップされていて大変分かり易いです。
塚田達也先生のDealing FX メール無料講座はこちらから 

「FX裁量スキルアップマニュアル」お申込みはこちら

「ダウ理論の弱点と活用戦術」お申込みはこちら

インジケーターのお申込はこちら


-0.トレード履歴