FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

コラム

ダウ理論とグランビルの法則

2014/05/02

■ダウ理論とグランビルの法則

自分のマニュアル「ダウ理論の弱点と活用戦術」
読んでいたければ分かりますが
トレードの大原則が、このダウ理論です。

それからグランビルの法則も加わっております。
この二つの理論が約80%以上を占めています。
残りの20%は自分の作って貰ったオリジナルインジケーターです。(T_T)

インジケーターは横に置いておいて
今回はダウ理論とグランビルの法則です。
この二つの理論は相場では余りにも有名ですので
自分のブログで説明の必要は無いと思います。

では何故、ダウ理論とグランビルの法則がテーマなのか?
自分はこの二つで十分だと感じております。
自分のトレードスタイルにとって
トレードルールの源であり、全てなんですo(^o^)o

あとは絞込みの為に
インジケーターを利用して
騙しや自分の過ちの削除をしますが・・・・・^^;

例えば
「トレンドは出来高でも確認されなければならない」
ダウ理論の一部分の抜粋です。
FXには出来高が無いから関係ない・・・・
如何ですか?

その考えが大間違いなんですよ。
出来高は市場心理として
ちゃんとインジケーターで表せるんですよ。

大切な事は
基本を確り学んで、それを忠実にこなせれば
相場の女神様も微笑んでくれるかも・・・・^^;

自分が裁量を教えて頂いた師匠です。
「海沼光城」先生です。
「みつしろ」先生でFX業界では知れ渡っております(^-^)v
無料メルマガとブログに掲載されている無料動画を見るだけでも
充分に裁量スキルアップに繋がると思います。
みつしろ先生の無料ブログはこちらから

プライスアクションを学びたい方にお勧め
動画も豊富にアップされていて大変分かり易いです。
塚田達也先生のDealing FX メール無料講座はこちらから

「FX裁量スキルアップマニュアル」お申込みはこちら

「ダウ理論の弱点と活用戦術」お申込みはこちら

インジケーターのお申込はこちら


-コラム