FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

ギャップトレード、その時相関係数は・・・2/4

宮崎です。
前回の記事「ギャップトレード、その時相関係数は・・・1/4」と同時期のGBP/JPYです。
USD/JPY同様にGBP/JPYもギャップダウンで始まりました。
今回はちょっと長くなりますの宜しくお願いいたします。m(__)m

GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
青色四角でBuyエントリーしました。
2015y11m16d_070603867

ギャップダウンの陽線で始まった週の始まりです。
取り合えずトレンドに付いて行きます。
陽線ローソク足でBuyエントリーしました。
青色四角部分です。
「相関係数Jr」の相関係数ですが
USD/JPYとは0.99です。( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_071926678

上昇の勢いは弱いみたいで
直近安値付近でローソク足陰線反転です。
Buyポジションは微益撤退して
Sellドテンエントリーです。
赤色四角部分です。
「相関係数Jr」の相関係数ですが
USD/JPYとは0.99です。( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_082555635

Sellドテンエントリー直後は押上げがありましたが
その後は何とか下落してくれました。
イグジットは「ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)」の4時間足水平線到達で撤退です。
b31水平線で利食いしました。

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_095528786

直近高値安値を切り上げて
「ゴルスパFX流トレンドライン」の下落トレンドライン上抜けで
「合体&バージョンアップ」の両Buyサイン点灯です。
陽線ローソク足でBuyエントリーしました。
右側の青色四角部分です。

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_105638921

Buyエントリー後は少ししか上昇せずに
「高勝率をお望みならば・・・」の15分足MA(緑色のMA)に頭を抑えられて
上値が重たい感じです。
Buyポジションは微益撤退して
Sellドテンエントリーです。
右側の赤色四角部分です。
「相関係数Jr」の相関係数ですが
USD/JPYとは0.51、
GBP/USDとは0.52です。( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_155838747

なかなか上手く行きませんね・・・
5時間ほど保有しましたが
目一杯揉み合いでした。
16:00前に「ゴルスパFX流トレンドライン」の下落トレンドライン上抜けで
「合体&バージョンアップ」の両Buyサイン点灯です。
Sellポジションは微益撤退して
Buyドテンエントリーです。
一番右側の青色四角部分です。
「相関係数Jr」の相関係数ですが
GBP/USDとは0.83です。
前回から相関係数は
USD/JPYからGBP/USDに移行していますが
分かりますか?( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m16d_191325385

5回目のエントリーでようやくトレンドが掴めました。
エントリー後は上手く上昇してくれました。
イグジットは「ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)」の1時間足水平線到達で撤退です。
b32水平線で利食いしました。
最後の
「相関係数Jr」の相関係数ですが
GBP/USDとは0.76です。
相関係数トレードに興味のある方は
「相関係数トレード(合成通貨ペアの特性を活用して利益を倍増する)」はこちら

エントリーポイントが分かり難い場合はこちらの記事で解説しております。

現在使用しているインジケーター一覧はこちら


-0.トレード履歴