バイナリーオプションは確率論

バイナリーオプションはデータに基づいた確率論で考えると光明が見えてきます。例えば大量のロジックを持っていてその大量ロジックの直近1年間での勝率・収益・トレード回数・時間帯の成績・曜日毎の成績・・・等々を確りと把握・検証が出来てれば勝てる確率が高くになります。更に一つのロジックで勝てる程甘くない相場ですのでバイナリーオプションでもポートフォリオと言う考え方が出来る事が重要です。

バイナリーオプションは確率論

Pocket


FX裁量トレードとFXシステムトレードEA(自動売買)に加えましてバイナリーオプションも取り組んでおります。
バイナリーオプションはFXから発生した金融商品ですがFXとは趣きが結構異なる金融商品になります。

例えば、バイナリーオプションを裁量判断でトレードするべきか?
答えは「ノー」になります。
理由は、FXで言うスプレッドや手数料に当たるペイアウトが大きなハードルとなる点。
又、同値の場合の引き分けが負けにカウントされるように変更されてから更に高いハードルとなっております。
次に勝ちトレードの収益が伸ばせない点です。
勝ち金額も負け金額も調整出来ないので裁量トレードには不向きと思います。
簡単に言うと裁量スキルがあるのであればFXの裁量トレードの方が簡単で効率が遥かに上だと言う事になります。

勿論バイナリーオプションのメリットもあります。
投資で一番難しいのが出口(イグジット・決済)ですがバイナリーオプションでは判定時間が決まっておりますのでトレードで一番難しい出口(イグジット・決済)で悩む必要がありません。
又、FXでは稼ぐ為には利幅を伸ばす必要がありますがバイナリーオプションでは0.01pipsでも超えれば勝ちですので大きなメリットです。
更にロスカットが苦手な方にはメリットは大きいですね。
判定時間が来たら強制終了ですから塩漬けになる心配がありません。

この様に裁量トレードに向いていないバイナリーオプションですがデータに基づいた確率論で考えると光明が見えてきます。
例えば大量のロジックを持っていてその大量ロジックの直近1年間での勝率・収益・トレード回数・時間帯の成績・曜日毎の成績・・・等々を確りと把握・検証が出来てれば勝てる確率が高くになります。
更に一つのロジックで勝てる程甘くない相場ですのでバイナリーオプションでもポートフォリオと言う考え方が出来る事が重要です。
つまり重要な点は大量のロジックを有する事、
大量のロジック全ての直近の成績を確認出来る事、
これで良いロジックが見つける事が可能になってきます。
更にこれらのロジックをポートフォリオとして組み合わせる仕組みがある事、
そして感情で左右されない様に自動売買に対応している事。
この様な考え方に基づきバイナリーオプションに取り組んで来ました。

バイナリーオプション毎週の成績も全て公開しております。
過去に遡って確認が可能ですのでご覧になって下さい。