FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

07.サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法

サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法

2020/02/15

evt15060415310033-m2

FXはインジケーターで勝てるのか?流
トレードマニュアル第7弾
『サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法』

FXトレーダーの多くは兼業の方です。
本業が終わってからのトレードになりますので
大体が21:00~25:00位かと・・・
つまり4時間程で利益を上げなくてはならない厳しい環境にあります。

トレードスタイルも迷う所です。
時間が少ないのでスキャルピング・・・
この理由も納得出来ます。

時間が少ないからスイング・・・
一日で数回のチェックでトレンドの確認だけして
長期保有って戦術も納得出来ます。

スキャルピングは相場に振り回されるし、
スイングの長期保有はドローダウンが嫌で
デイトレを選択されている方もおられます。
どれも一理あって、選択が難しい所ですが
自分の考えでは、
スイングの長期保有では相場の動きが気になって
本業に影響が出ては本末転倒です。
当然気になりますよね^^;
個人的にはドローダウンの大きさにも耐えられません・・・

よってスキャルピング、若しくはデイトレって事になって来ます。
まあ、スキャルピングもデイトレも大きな違いは無いのかな~って思っています。
一般的には3~5pipsから大きく取れれば10pips位がスキャルピングで
デイトレの場合は20~50pips位が目標なのかな~って感じです。

問題はトレードスタイルではなく
トレード時間と時間帯の制約にあると思います。
4時間ほどしかないトレード時間、
NY時間でしかトレードが出来ないと言う現実ですよね。
しかし、考え方によっては
この制約が有利になるかもしれません。
NY時間の特性を把握し、NY時間に特化したトレードルールが構築出来れば・・・

NY時間の最大の特徴は
指標発表の多さです。
そして東京時間と欧州時間のトレンドを確認出来る事です。

このマニュアルでは
指標発表を活用する方法と
一日(東京時間と欧州時間)のトレンドを把握し、活用して
トレードを優位にする方法を纏めております。

そして、最後の章では
短時間で確率の高いEntry&Exitポイントを解説いたしました。
ブログに掲載しております「厳選Kameサイン」と言うインジケーターを活用して
NY時間に特化したトレード手法を解説しております。

一般的にはトレード時間が短いサラリーマントレーダーですが
トレード時間が短い反面、東京時間・欧州時間のトレンドを確り把握する事で
確率の高いエントリーポイントの絞込みが可能になって来ます。
つまり無駄なトレードを減らせると言う事も出来ます。

マニュアルはこんな感じです
マニュアル画像
PDF72頁のマニュアルです。

マニュアルの内容ですが

①指標発表を攻略する
②東京時間から欧州時間のトレンドパターン
(スクイーズ・エクスパンション・トレンド)
③NY時間でのトレンド転換パターン
④NY時間でのトレンドフォローパターン
⑤NY時間での必勝方法

①指標発表を攻略する
NY時間でトレードする時に避けられない指標発表を攻略する方法です。
ラインブレイク手法です。
大きく伸びる指標発表を活用して逆指値で半自動でのトレードが可能です。
指標発表のボラティリティを活用する手法です。

②東京時間から欧州時間のトレンドパターン
(スクイーズ・エクスパンション・トレンド)
東京時間と欧州時間で出来るローソク足パターンの
「はらみ」「つつみ」そして「かぶせ」を考えました。
プライスアクションも重要なロジックです。

③NY時間でのトレンド転換パターン
トレンド転換パターンを使ったトレード方法です。
FXのマーケットでは頻繁に出現するパターンです。
NY時間でのトレードには必須の手法です。

④NY時間でのトレンドフォローパターン
トレンドフォローパターンを使ったトレード方法です。
トレードの基本である順張り手法を取り上げました。
勝率・リスクリワードを稼ぐには重要なロジックです。

⑤NY時間での必勝方法
厳選Kameサインを使ってのトレード方法です。
独自のインジケーターを使用しておりますが勝率はかなり高いロジックです。
短時間でのトレードを要求される兼業トレーダーには重要な手法です。

以上の五つの手法を58パターンのチャート画像を使って
出来るだけ詳しく解説いたしました。
この機会に是非、
「サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法」を活用し
トレードスキルアップを実感して下さい。
そして今後のトレードに生かして頂ければ幸いです。o(^o^)o

「サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法」の概要動画です。

■「サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-07.サラリーマントレーダーのトレードルール NY時間の攻略法