FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(042)ダウ理論サイン

ダウ理論サイン

2020/02/15

宮崎です。
トレードの基本スキルにダウ理論があります。
ダウ理論でトレンドを把握する事はとても重要なのですが
初心者の方にとっては
これが結構難しいようで・・・^^;

上昇トレンドなのか?
それとも下落トレンドなのか?
トレンドが簡単に把握出来る様に
インジケーターサインにしました。( ^ ^ )/

GBP/JPY5分足チャートです。
2015-08-06_161210

チャート上部真ん中に表示しているのが
ダウ理論サインです。
上記チャートには「Dow Up Trend」と表示されています。
上昇トレンドの時は「Dow Up Trend」と青色で表示されます。
下落トレンドの時は「Dow Down Trend」と赤色で表示されます。
レンジ局面の時は「Dow No Trend」と緑色で表示されます。

又、ローソク足の直近高値安値を
白丸で表示さているのが分かりますでしょうか。
高値切り上げ、安値切り上げで上昇トレンドですので
目線はロングです。
青色四角部分でBuyエントリーしました。

その後のチャートです。
GBP/JPY5分足チャートです。
2015-08-06_161236

エントリー後は上手く上昇してくれました。
直近高値付近到達で利食いです。
エントリーの後で直近高値安値が移動しておりますが
高値切り上げ、安値切り上げは継続しており
上昇トレンドが確認出来ます。

チャートに表示している白丸ですが
下記の番号を入力すれば自由に変更が可能です。
デフォルトでは161番になっております。
00-MarkList_v101_objMark

アラーム機能・メール送信機能も付いておりますので
チャートから目を離しても安心です。( ^ ^ )/

ダウ理論サインはこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(042)ダウ理論サイン