FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(043)合成通貨ペアの特性

合成通貨ペアの特性

2021/01/18


EUR/JPYやGBP/JPYと言ったクロス円で
トレードされている方も沢山おられます。
これらのクロス円と言われる通貨ペアは
実際に取引がされていない合成通貨ペアです。

以前のマニュアル
「合成通貨ペア鉄板パターン手法 通貨ペア選びで間違えない為の鉄則」
詳しく解説しておりますので興味のある方はどうぞ。( ^ ^ )/

今回は合成通貨ペアの特性を利用して
確率の高いトレード手法の紹介です。

先ずは下記の画像をご覧下さい。
相関係数トレードの画像です。
2015-08-14_163844

EUR/JPYとEUR/USDの相関係数が0.92とあります。(白色楕円部分)
1.0が相関状態ですから
0.92と言う数値はかなり相関状態に近い局面だと言う事になります。

EUR/USDが上昇すればEUR/JPYも上昇する
EUR/USDが下落すればEUR/JPYも下落する状態にあります。
言い換えればEUR/USDを見ていればEUR/JPYが分かると言う事です。

とは言えこれだけで勝てるほどFXは甘くありませんよね・・・^^;
しかし、もう一つの知恵を加えたのが下記のチャートです。
EUR/JPY5分足チャートです。
2015-08-14_163903

サブウインドウの下から2段(A及びB)が今回紹介するインジケーターです。
サブウインドウの一番下(B)では
EUR/USDとEUR/JPYのラインチャートを表示させております。
如何ですか?
同じ動きをしていると思いませんか?
相関係数トレードの画像では相関係数0.92とありましたが
間違いなく相関状態にある事が確認出来ます。

サブウインドウの下から2番目(A)では
EUR/USDとUSD/JPYのラインチャートを表示させております。
EUR/USDとEUR/JPYは相関状態ですから
EUR/USDが上昇すればEUR/JPYも上昇する状態です。
更にUSD/JPYも上昇してくれる局面ならば?
EUR/JPYは間違いなく上昇してくれます。
これが合成通貨ペアの特性です。
EUR/USDもUSD/JPYもプラス圏にありますので
上昇トレンド発生局面です。
その時のEUR/JPY(上部のチャート)は
確実に上昇トレンド発生です。( ^ ^ )/

EUR/JPY5分足チャートです。
2015-08-14_163923

EUR/JPY5分足チャートです。
2015-08-14_170953

EUR/JPY5分足チャートです。
2015-08-14_171011

どのチャートでも
EUR/USDとEUR/JPYが相関状態で
EUR/USDとUSD/JPYがプラス圏(上昇トレンド)の時には
EUR/JPYが確実に上昇してくれています。
確実に上昇、又は爆上げ状態ですよね。( ^ ^ )/

実際のエントリーポイントの絞込みには
自分はサブウインドウCの
「合体&バージョンアップ」を使用しております。

高確率で上昇する、
又は高確率で下落する局面が
今回のインジケーター「合成通貨ペアの特性」で確認する事が出来ます。

EUR/JPYやGBP/JPYと言った合成通貨ペアでトレードされている方、
若しくはモニターが一面で複数の通貨ペアを監視出来ない方には
かなりお役に立つインジケーターだと思います。( ^ ^ )/

「合成通貨ペアの特性」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(043)合成通貨ペアの特性