FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(050)バンドウォークサイン

バンドウォークサイン

2016/07/17

世界中で使われているボリンジャーバンドですが
ボリンジャーバンドは逆張りで使うって信じている方がおられます。
ボリンジャーバンドの正式な使い方は順張り(トレンドフォロー)です。
開発者のボリンジャーさんが言われているので間違いありません。( ^ ^ )/

順張り(トレンドフォロー)の使い方として
一般的に言われているのがバンドウォークです。
±1σと±2σの間を推移している状況がバンドウォークです。
今回のインジケーター「バンドウォークサイン」では
ボリンジャーバンドのエクスパンションに加えて
移動平均線(MA)のパーフェクトオーダー等で
確率を上げるサインになっております。( ^ ^ )/

下落バンドウォーク局面
2016-03-02_155700

上昇バンドウォーク局面
2016-03-02_155720

レンジ局面
2016-03-02_155737

下落バンドウォーク局面では赤色サイン点灯、
上昇バンドウォーク局面では青色サイン点灯、
レンジ局面では緑色サイン点灯して各トレンドを示唆してくれます。
(各色は変更が可能です)
エントリー根拠や
イグジット根拠、
更にはポジション保有の根拠に便利です。( ^ ^ )/

「バンドウォークサイン」はこちら


-(050)バンドウォークサイン