FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

33.FXトレードルール構築ガイドブック

FXトレードルール構築ガイドブック

2020/10/17

rubber-bands

FXトレードルール構築ガイドブック

FX相場で生き残る為にトレードルールの構築は必須です。
多くの初心者トレーダーは
トレードルールを構築する事無く
プロトレーダーがひしめく相場に挑んで
残念ながら資金を失くして退場になっておられるのが現実です。

FXの基礎から確りと修得して
ご自身のライフスタイルや性格を加味して
オリジナルトレードルールの構築が出来なければ
相場で生き残る事は難しいです。
逆に言えばトレードルールの構築が出来れば
相場で生き残れると言う事になります。

当ブログ「FXはインジケーターで勝てるのか?」では
30本以上の各種マニュアルを通じて
FXの基礎から各種トレード手法までを解説してまいりました。
各種マニュアルはこちらのブログから

今回のマニュアルでは
FXの基礎からトレード手法まで修得されて
最後にご自身のトレードルール構築の指針になるように解説しております。
簡単に言うと
この「FXトレードルール構築ガイドブック」に沿ってトレードルールが構築出来るって事です。
チェック事項にもなりますので
トレードルールが構築出来ていない方にはお役に立つと思います。( ^ ^ )/

注:このマニュアルでは
FXの基礎知識やトレード手法の解説はしておりません。
あくまでもマイトレードルール構築の為のマニュアルですので
ご注意くださいませ。m(__)m

マニュアルはこんな感じ
2016-03-12_122013

PDF40頁のマニュアルです。

マニュアルの内容ですが

ステップ001
■環境認識・環境優位性(中長期チャート活用)
4時間足MA・1時間足MA
4時間足水平線・1時間足水平線
ゾーン(利確空間の有無)

------------------------------------------------------------
ステップ002
■相場パターン(相場パターン活用)
トレンドフォローパターン(トレンド発生局面
トレンド転換パターン(トレンド転換局面)
スクイーズ&エクスパンションパターン(レンジ局面)

------------------------------------------------------------
ステップ003
■相関係数(合成通貨ペアの特性活用)
相関・逆相関
通貨ペアの状況確認

------------------------------------------------------------
ステップ004
■トレンド判断(ダウ理論活用)
確定押目・戻り
小さなダウ理論

------------------------------------------------------------
ステップ005
■プライスアクション(頻繁に出現するプライスアクション活用)
トレンド転換パターン
スクイーズ&エクスパンションパターン
上昇フラッグ・下落フラッグ
三角保ち合い
トレンドラインブレイク
水平線ブレイク
トレンドフォローパターン(パーフェクトオーダー)

------------------------------------------------------------
ステップ006
■トレード手法(各種鉄板パターントレード手法活用)
プライスアクションルール
トレンドライン(トレンドフォロー&ラインブレイク)
水平線ブレイク
小さなパーフェクトオーダー
バチン(逆張り)

------------------------------------------------------------
ステップ007
■エントリーポイント(エントリーポイント絞込み手法活用)
移動平均線(MA) グランビルの法則活用
三種の押目・戻り
浅い押目・戻り(ボリンジャーバンド±1σ)
普通の押目・戻り(5分足MA)
深い押目・戻り(15分足MA)
回帰&乖離

------------------------------------------------------------
ステップ008
■目線切り替え(ポジション切り替えルール活用)
ドテンエントリールール(プランB)
プライスアクション
トレード手法
エントリーポイント・・・等の組合せ

------------------------------------------------------------
ステップ009
■利確&損切(利確&損切ルール活用)
目標利益幅&損切幅(リスクリワード)
三種の節目(環境認識・環境優位性)
1時間足・4時間足水平線
1時間足MA・4時間足MA
直近高値安値

------------------------------------------------------------
ステップ010
■インジケーター活用(裁量判断の後押し活用)
(03)高勝率をお望みならば・・・
(04)トレンドラインを抜けたらアラーム鳴ります
(06)トレンドを掴んだ者が勝つ
(10)ゴルスパFXはトレンド掴めば簡単?
(26)ダウ理論サポレジライン
(31)ゴルスパFX流トレンドライン
(38)飛び乗りサイン(大口ファンドの仕掛けポイントを捜せ)
(39)ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)
(40)合体&バージョンアップ
(44)相関係数Jr
(47)爆上げ・爆下げサイン

------------------------------------------------------------
ステップ011(事前準備Ⅰ)
■基礎知識(不変の相場原則活用)
ダウ理論
グランビルの法則
合成通貨ペアの特性

------------------------------------------------------------
ステップ012(事前準備Ⅱ)
■市場参加者の心理(市場参加者の心理活用)
大口ファンドの仕掛け
売り方・買い方の拮抗ポイント
多くのトレーダーが注視するポイント・ツール
市場参加者の総意が移動平均線(MA)

------------------------------------------------------------
ステップ013
■トレードスタイル(ライフスタイルや性格によるトレードスタイル活用)
デイトレード
スキャルピングトレード
スイングトレード

------------------------------------------------------------

「FXトレードルール構築ガイドブック」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-33.FXトレードルール構築ガイドブック