FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(073)利食いサイン

(73)利食いサイン

2020/02/15

shutterstock_157563128

トレードで一番難しいのが
利食いなのかな~って思っています。
エントリーポイントの絞込みや
損切ポイントの設定等は
トレードルールを決める時には当然ルール化されているものですが
利食いポイントに関しては
正直、神様しか分からないな~っていうのが現実です。
今回紹介するインジケーターは
「利食いサイン」です。
名前の通りに利食いポイントかな~って所でサインが点灯します。( ^ ^ )/

USDJPY5分足チャートです。
1

チャート画像の黄色の○部分が利食いポイントのサインになります。
トレンド発生中でも一旦押目・戻りを作る可能性のあるポイントでサインが点灯します。

同じくUSDJPY5分足チャートです。
2

急騰・急落の局面ですが
上手く天底で利食いサインが点灯してくれてます。
( ^ ^ )/

USDJPY1時間足チャートです。
3

1時間足チャートでも
良い感じで利食いポイントを知らせてくれています。
時間足は全てで使用可能です。
ロジックの条件が揃った時に
黄色の○が点灯して
アラーム&メール機能付です。
ロジックが崩れた場合は
黄色の丸は消滅しますが
ローソク足が確定してからの
リペイントはありません。
利食いでお悩みの方は是非お試し下さい。( ^ ^ )/

「利食いサイン」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(073)利食いサイン