FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(084)ギャップシステムトレード(自動売買EA)

(84)ギャップシステムトレード(自動売買EA)

2018/12/13

mondaygap-600x315

明確なギャップ(窓)は
FXの相場では月曜日のマーケット開始の時に起きる可能性がありますが
高確率で窓埋めの動きをしてくれます。( ^ ^ )/

USDJPY5分足チャートです。
%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%97

ギャップとは上記のチャートの様に
ローソク足が繋がらずに窓空け(空間)が出来る局面の事ですが
実は結構な確率で窓埋めをする動きをしてくれます。
詳しくは
「ギャップトレードの簡単ルール(窓埋め確率は何%あるのか?)」でご覧下さい。
尚、上記のチャートには
「高勝率をお望みならば・・・」
「FXの各種情報を一挙に把握するV6」が表示されていますが
今回の「ギャップシステムトレード(GAP)」のEAと別のものですので
ご注意下さい。^^;

このギャップ局面をEA化して観ました。
バックテストの結果です。
直近2年間(2014/11/1~2016/11/10)になります。
バックテストのグラフです。
usdjpy1

バックテクとのグラフでは
結構良い感じの右肩上がりになっています。

バックテストのレポートです。
usdjpy2

プロフィットファクター(リスクリワード)は2.48
勝率は69.23%でした。
これはパラメーターを全てデフォルトのままで行ったバックテスト結果です。

利食い幅や損切り幅、強制終了時間、ギャップの対象pips数等の設定がパラメーターで可能です。
パラメーター設定可能な内容です。
%e3%83%91%e3%83%a9%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc

これらのパラメーター項目を最適化したものが下記の内容になります。
テスト期間はデフォルトと同じ期間です。
最適化したバックテストのグラフです。
usdjpy%e6%9c%80%e9%81%a9%e5%8c%961

最適化したバックテストのレポートです。
usdjpy%e6%9c%80%e9%81%a9%e5%8c%962

プロフィットファクター(リスクリワード)は3.13
勝率は71.43%でした。
最適化してもあまり変わりませんが
トレード回数や利益額は結構違ってきます。
最適化で色々試して見て下さい。・・・( ^ ^ )/

「ギャップシステムトレード(GAP)」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(084)ギャップシステムトレード(自動売買EA)