FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(197)ボラティリティで相場を分析する

(197)ボラティリティで相場を分析する


今回はボラティリティを活用するインジケーター2種のご案内です。
インジケーターの名称は「VolatilityTarget」と「HourlyVolatility」の2種です。
「VolatilityTarget」に関しましては
以前のブログ「(69)ボラティリティターゲット」で確認して下さい。
つまり以前の「VolatilityTarget」に「HourlyVolatility」を追加して
ボラティリティを活用したトレード精度を上げて行こうって感じです。( ^ ^ )/

2種類のインジケーターを表示させた
USD/JPY5分足チャートです。

「HourlyVolatility」の表示時間ですがMT4時間ですので
日本時間で考えるには
夏時間で+6、冬時間で+7(ブローカーで違います)で考えて行きます。
ここでは夏時間で考えて行きます。
USD/JPYでは
08:00から10:00迄の時間帯と21:00~24:00の時間帯で
ボラティリティが高くなっている事がわかります。(HourlyVolatility)
チャート左のインジケーターです。
又、直近1日のボラティリティでも直近20日の平均よりも
ボラティリティが高くなっている事も確認出来ます。(VolatilityTarget)
右上のインジケーターです。

この様に時間帯毎のボラティリティの高さと
直近のボラティリティの推移を把握してトレードに臨む事が可能になります。
通貨ペアの動く時間帯に関しましては
トレーダーの方なら把握はされているでしょうし、認識もされていると思いますが
グラフや数値で把握すると根拠が明確になると思います。
( ^ ^ )/

EUR/JPY5分足チャートです。

EUR/USD5分足チャートです。

GBP/JPY5分足チャートです。

GBP/USD5分足チャートです。

AUD/JPY5分足チャートです。

AUD/USD5分足チャートです。

「HourlyVolatility」パラメーター画像です。

「VolatilityTarget」パラメーター画像です

両インジケーター共にメールアドレスを入力してお使い下さい。
「(197)ボラティリティで相場を分析」するはこちらから
「HourlyVolatility」と「VolatilityTarget」の2種セットです。

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(197)ボラティリティで相場を分析する