FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

相関係数を使ってトレンド転換パターンでドテンエントリー

前回の記事「トレンド転換パターン時のサイン点灯」と同時期のGBP/JPYです。
相関係数が0.86と
USD/JPYとGBP/JPYは相関状態です。
USD/JPY同様に目線はロングです。( ^ ^ )/

GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足・1分足チャートです。
白色水平線と青色縦線のクロス部分でBuyエントリーしました。
2016y07m19d_122332212

裁量判断では
短期足(5分足)で
「高勝率をお望みならば・・・」の5分足MA(ピンク色のMA)上抜け、
「ゴルスパFX流トレンドライン」の下落トレンドライン上抜けで
「目線が固定出来るマジックライン」上抜けです。
目線はロングです。
インジケーターサインでは
「FXの各種情報を一挙に把握するV5」
「相関係数Jr」の相関係数では
USD/JPYとGBP/JPYは0.91と相関状態です。
そして
「ゴルスパFXはトレンド掴めば簡単?」のBuyサイン点灯、
「爆上げ・爆下げサイン」のBuyサイン点灯、
「トレンドフォロー&ラインブレイク」のBuyサイン点灯です。
陽線ローソク足でBuyエントリーしました。
白色水平線と青色縦線のクロス部分でBuyエントリーしました。
レンジ局面からのエクスパンション狙いです。( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足・1分足チャートです。
2016y07m19d_122434455

Buyエントリー後は
目標利確幅の+20pipsは到達しましたが
欲張って保有継続していたら上値が重たい感じに変わってきました・・・^^;
1分足チャートを観ると
高値安値切り下げて
「ゴルスパFX流トレンドライン」の下落トレンドラインが引かれています。
ロング目線はショート目線に切り替えです。
インジケーターサインでは
「FXの各種情報を一挙に把握するV5」
「相関係数Jr」の相関係数は0.76と相関状態継続です。
「ゴルスパFXはトレンド掴めば簡単?」のSellサイン点灯、
「相場の勢いを察知する」のSellサイン点灯、
「ダウ理論サイン」のSellサイン点灯です。
陰線ローソク足でBuyポジションは微益撤退して
Sellドテンエントリーです。
上の白色水平線と赤色縦線のクロス部分でSellエントリーしました。
トレンド転換パターン狙いです。( ^ ^ )/

その後のチャートです。
GBP/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足・1分足チャートです。
2016y07m19d_122456629

Sellドテンエントリー後は
「高勝率をお望みならば・・・」の5分足MA(ピンク色のMA)、
「ゴルスパFX流トレンドライン」の下落トレンドライン、
「目線が固定出来るマジックライン」のSellラインに頭を抑えられて
上手く下落してくれました。
イグジットですが
直近安値付近到達で撤退です。
「トレンドラインを抜けたらアラームが鳴ります」のb32水平線で利食いしました。
トレンド転換パターン成功でした。
このトレード手法は
28.「鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ「トレンド転換」」に基づいたものです。

トレンド転換パターンが分かり難い方は便利なインジケーターがあります。
(46)「トレンド転換パターンが簡単に分かる」はこちら

参考までに同時期のUSD/JPY4時間足チャート・1時間足チャート・5分足・1分足チャートです。
2016y07m19d_122300643

「FXの各種情報を一挙に把握するV5」
「相関係数Jr」の相関係数が揃っていますので
同じ様な騙しから反転形状になっています。
相関係数を把握しているとトレードに役立ちます。( ^ ^ )/
相関係数トレードに興味のある方は
23.「相関係数トレード(合成通貨ペアの特性を活用して利益を倍増する)」はこちら

現在使用しているインジケーター一覧はこちら


-0.トレード履歴