FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(108)筋斗雲

(108)筋斗雲

2020/10/17

2017-03-01_200009

トレードの世界では「雲」っていうと
一目均衡表の雲が最初に出て来ます。
これはこれで優秀な雲なんでしょうが
一目均衡表の雲ってレートと離れているので
トレンド転換ポイントのサインが遅いんですよね・・・^^;

USD/JPY5分足チャートです。
2017-03-01_200010

1時間足MA(赤色のMA)の下に
雲とローソク足がいる場合は下落トレンドです。
下落トレンドの局面では雲の色は青色です。
色は自由に変えられますが
青色にしたのは海を潜っているイメージだそうです。
トレード仲間から教えて頂きました。
海を潜っている時は目線はショートに固定して
Sellエントリーポイントの絞込みになります。
目線を間違わなくて済みそうです。( ^ ^ )/

USD/JPY5分足チャートです。
2017-03-01_200032

1時間足MA(赤色のMA)の上に
雲とローソク足がいる場合は上昇トレンドです。
上昇トレンドの局面では雲の色は赤茶色です。
赤茶色にしたのは山を駆け上がっているイメージだそうです。
これも教えて頂きました。
山を駆け上がっている時は目線はロングに固定して
Buyエントリーポイントの絞込みになります。
海でも山でも良いのですが雲と関係なくなっていますね・・・^^;

USD/JPY5分足チャートです。
2017-03-01_200052

上昇トレンドから下落トレンドへの転換ポイントが
1時間足MA(赤色のMA)を境に上手く雲が転換してくれてます。
雲を表示させる事で視覚的にはさっと認識出来るな~って感じです。( ^ ^ )/

表示させている各移動平均線(MA)は
「高勝率をお望みならば・・・」で、
今回のインジケーターには含まれませんのでご注意下さい。m(__)m

「筋斗雲」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(108)筋斗雲