FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(016)ストップロスが自動で分かります

利益を伸ばすトレールストップ考( ^ ^ )/

2020/10/17

宮崎です。
今回の記事は前回の記事「ストップロス活用例」の続きです。
今回はトレールストップに関してお話しして行きます。
前回同様に「ストップロスが自動で分ります」の活用方法です。

2014-08-02_170248

チャートの左側ですが
高値A~高値Bと安値1~3と切り上げていますので
上昇トレンドですね

その後
安値3を安値4が下抜けて来ましたので
目線はショートです。
戻り高値でエントリーです。
赤丸の部分です。
その時のストップロスはCの位置です。
ここを上抜けるまではショート目線継続です。

エントリー後は
高値安値を切り下げて
トレンド継続ですので
この時のストップロスを切り下げて行きます。

最初のストップロスはCですが
D、E,F,Gという具合に下げて行くポイントになります。
この「ストップロスが自動で分ります」というインジケーターは
目線の切り替えやトレールストップとしても活用出来ます。

最後に重要なポイントです。
最安値9を付けた後に
高値Hと安値10を付けておりますが
目線の切り替えは
Gでしょうか?
それともHでしょうか?

正解はGです。
何故Gなのか?
これは自分の師匠に教えて頂いたロジックです。
興味のある方か下記のみつしろ先生無料メルマガからどうぞ( ^ ^ )/

■「(16)ストップロスが自動で分ります(Stoploss)」はこちら

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-(016)ストップロスが自動で分かります