FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

(007)利確でお悩みの方へ

ゾーンで考えるエントリーポイント

2020/01/08

宮崎です。
今回は「利確でお悩みの方へ」と言うインジケーターです。
このインジケーターは
エントリー及びイグジットを
ゾーンで考えるインジケーターです。

EUR/JPY5分足チャートです。

2014-08-02_173750

上昇トレンドパターンです。
上記のチャートに表示されているMAには
青色・緑色・黄色の3色で構成されております。
青色はエントリーゾーン(Entry zone)、
緑色は分割決済ゾーン(Attention zone)、
黄色は決済ゾーン(Exit zone)です。

上記画像の青色丸部分がエントリーポイントです。
ラインブレイク第2波でもありますね。
青色部分が終わって緑色になりましたので
分割決済で残りは様子見です。
勿論、全決済も可能です。( ^ ^ )/

EUR/JPY5分足チャートです。

2014-08-02_173812

上記チャートは下落トレンドパターンですが
色の表示は上昇トレンドパターンと同じです。
インジケーターサインが青色になりましたので
Sellエントリーです。
ここもラインブレイク第2波ですね( ^ ^ )/

青色部分が終わって緑色の部分で
分割決済をして
残りは様子を見ます。
黄色部分では全決済をします。

EUR/JPY5分足チャートです。

2014-08-02_173828

チャートに表示されている3色のMAが
レートと絡んだ状態や色がころころ変わっておりますので
エントリーは出来ない状態です。

更に重要な事が
この3色のMAとレートの乖離です。
これって結構重要です( ^ ^ )/

PS
チャートに表示させている3色のMAと
サブウインドウのインジケーターは同じ物です。
お好みで選べます。( ^ ^ )/

「(07)利確でお悩みの方へ(BBHold_v101)」はこちら


-(007)利確でお悩みの方へ