FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

小さなダウ理論・・・1/2

宮崎です。
今回はトレードの基本であるダウ理論でトレードです。
ここを確りと修得していないとトレードで勝ち残るのは難しいポイントです。
巷のダウ理論で語られていませんが
小さなダウ理論ってご存知ですか?

EUR/USD4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
青色四角でBuyエントリーしました。
2015y11m11d_080846139

中長期(4時間足・1時間足)では下落トレンドです。
ダウ理論的にはショート目線ですが
短期足(5分足)では直近高値安値を切り上げて来ております。
ここが小さなダウ理論です。
中長期(4時間足・1時間足)のトレンドに逆らう事になりますが
トレンド転換は短期足(5分足)から始まりますよ。( ^ ^ )/

直近高値安値を切り上げて
「高勝率をお望みならば・・・」の1時間足MA(赤色のMA)を一旦上抜けてからの押目で
ローソク足陽線反転でBuyエントリーしました。
「ゴルスパFX流トレンドライン」の上昇トレンドラインに下支えられてって感じです。
更に「合体&バージョンアップ」のBuyサイン点灯が後押しになっております。
青色四角部分です。

その後のチャートです。
EUR/USD4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2015y11m11d_091707998

エントリー後はうまく上昇してくれました。
直近高値付近到達、目標利確ポイント到達で撤退です。
b12水平線で利食いしました。

トレードの基本であるダウ理論に関して興味のある方は読んで見て下さい。
「ダウ理論の弱点と活用戦術」はこちら

エントリーポイントが分かり難い場合はこちらの記事で解説しております。

現在使用しているインジケーター一覧はこちら


-0.トレード履歴