FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

相関状態と逆相関状態、そして・・・3/4

2016/07/21

宮崎です。
前回の記事「相関状態と逆相関状態、そして・・・2/4」と同時期のEUR/USDです。
前回はUSD/JPYと相関状態のGBP/JPYでのトレードでしたが
今回はUSD/JPYと逆相関状態のEUR/USDです。
USD/JPYが上昇でしたから
逆相関のEUR/USDは下落か~

EUR/USD4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
赤色四角でSellエントリーしました。
2016y01m13d_084258004

「相関係数Jr」の相関係数では
USD/JPYとEUR/USDでは逆相関の-0.73です。
目線はショートです。
エントリー根拠ですが
「ゴルスパFX流トレンドライン」の上昇トレンドライン下抜けで
「高勝率をお望みならば・・・」の5分足MA(ピンク色のMA)に頭を抑えられている局面です。
陰線ローソク足でSellエントリーしました。
赤色四角部分です。

その後のチャートです。
EUR/USD4時間足チャート・1時間足チャート・5分足チャートです。
2016y01m13d_102748283

Sellエントリー後に押上げがありましたが
「高勝率をお望みならば・・・」の5分足MA(ピンク色のMA)に頭を抑えられて
その後は上手く下落してくれました。
イグジットですが
「ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)」の1時間足水平線付近到達で撤退です。
b11水平線で利食いしました。
今回は相関係数トレードの逆相関パターンでした。( ^ ^ )/
相関係数トレードに興味のある方は
23.「相関係数トレード(合成通貨ペアの特性を活用して利益を倍増する)」はこちら

市場参加者の心理を理解せずに相場で生き残る事は難しいです。
相場の不思議には理由が存在します。
相場の流れが把握出来ない方へ。
24.「FX市場心理を理解出来ると何が見えて来るのか?(市場参加者の心理を読み解く!)はこちら」

エントリーポイントが分かり難い場合はこちらの記事で解説しております。

現在使用しているインジケーター一覧はこちら


-0.トレード履歴