FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

0.トレード履歴

通貨強弱を使ったトレード履歴 2020.04.29


以前にリリースした(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」を使ったトレード履歴になります。

NZD/USD5分足チャートです。

エントリー条件として
各移動平均線(MA)がパーフェクトオーダー状態になる前の段階で
パーフェクトオーダーになると良いな~って局面ですが
直近ダウ理論も高値安値を切り上げておりますので
裁量判断では上昇トレンドで間違いありませんね。
本来は5分足MA(ピンク色のMA)まで引き付けて
ローソク足陽線反転確認してBuyエントリーですが
押し目の下押しは覚悟の上でのBuyエントリーって感じです。

そして重要な通貨強弱ですが「FoF(Flow of the fund)」(サブウインドウ)では
USDが右肩下がりで売られて来ており
NZDが右肩上がりで買われて来ております。
通貨強弱「FoF(Flow of the fund)」(サブウインドウ)でも
NZD/USDは上昇局面ですので
迷わずにBuyエントリーです。( ^ ^ )/

NZD/USD5分足チャートです。

エントリー後はボリンジャーバンド1σに下支えられて上手く上昇してくれました。
いわゆるバンドウォークって感じです。
通貨強弱「FoF(Flow of the fund)」(サブウインドウ)でも
NZDが大きく上昇、
USDが下落してAUD/USDの上昇トレンド発生です。
そして目標の26pips到達でイグジットです。
東京時間の素直なトレンド局面って感じでした。( ^ ^ )/

今回はもう一つのトレード履歴です。
AUD/USD5分足チャートです。

エントリー条件として
直近下落トレンドライン上抜けて
5分足MA(ピンク色のMA)も右肩上がりに変わってきました。
ダウ理論的にも高値安値切り上げており上昇トレンド転換パターンです。
通貨強弱「FoF(Flow of the fund)」(サブウインドウ)でも
AUDが買われていて、USDが売られていますので
AUD/USDは上昇トレンドって感じです。
15分足MA(緑色のMA)上抜けでBuyエントリーです。

AUD/USD5分足チャートです。

エントリー後はNZD/USD同様に
ボリンジャーバンド1σに下支えられて上手く上昇してくれました。
NZD/USDと同様にAUD/USDもバンドウォークって感じです。
通貨強弱「FoF(Flow of the fund)」(サブウインドウ)でも
AUDが上昇、USDが下落してAUD/USDの上昇トレンド発生です。
そして目標の20pips到達でイグジットです。

今回使用しているE
A・インジケーターですが
(03)高勝率をお望みなら・・・
(39)ザ・節目(売り買い拮抗ポイント)
(73)利食いサイン【インジケーター】
(80)「ボリンジャーバンド極秘裏技手法」対応マルチタイムボリンジャーバンド
(196)通貨強弱で資金の流れを把握する「FoF(Flow of the fund)」
(194)PositionManagementEA「ALL」【EA】

------------------------------------------------------------
利用規約
当方はご利用者に対し全商品の内容および全商品を通じてご利用者に提供するコンテンツ、情報等が完全、正確、確実、有用であること、 著者と同じような利益が出ること等を、保証するものではありません。当方は、ご利用者が全商品を利用したこと、 または利用できなかったことによって発生した損害、損失、不利益等に対し、一切責任を負いません。 また、投資対象の取引には価格変動のリスク等を伴うため、損失を被る可能性があります。場合によっては投資額を上回る損失を被る可能性があるため、ご自身の責任において、取引を行うことになります。取引業者によっては売買手数料がかかります。本サービスに関連してご利用者と当方の間で訴訟の必要が生じた場合、訴額の如何にかかわらず金沢地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。
------------------------------------------------------------


-0.トレード履歴