FXはインジケーターで勝てるのか?

「FXはインジケーターで勝てるのか?」って聞かれたら答えは「ノー」ですがインジケーターを全く表示せずにトレード出来るかと聞かれたら、これも答えは「ノー」です。裁量スキルを確りと修得していれば頼りになるのがインジケーターです。インジケーターサイン=エントリーではなく、裁量判断の後押しにお使い下さい。

コラム

相反するシナリオを準備してこそ相場で生き残れる

ダウンロード (7)

「ここは上昇する確率が高いポイントや~」
「俺の鉄板パターンに嵌った~」ってエントリーされていると思います。
でもそれって勝手な思惑なんですよね・・・
相場・マーケットからすればお構い無しにランダムウォークしてきます。

思惑は外れるのが当たり前って考えていないと
「エントリーポイントが悪かったのかな~」
「トレードルールが間違っているのかな~」
「何か良い手法はないかな~」って聖杯探しが始まってしまいます。
こうなると迷宮の旅の始まりです。
これは是非避けたい局面です。(→o←)

トレードする時には
必ず相反するシナリオを準備しましょう。
例えばBuyエントリーの確率が高い局面でも
もしも思惑が外れて下落してきたら?
プランBを準備する事で初めてランダムウォークな相場・マーケットに対処出来る様になります。

相場・マーケットは三種類しかありません。
順張り(トレンドフォロー)パターン
レンジ局面(スクイーズ&エクスパンション)パターン
トレンド転換パターンの三種類です。
2015-09-19_122821

三種類のパターンを確りと修得しておけば
思惑が外れて損失を出した局面でも
トータルで収支をプラスに持って行く事が可能になって来ます。
たったの三種類ですから是非修得して相場・マーケットに臨んで下さい。( ^ ^ )/

相場・マーケットのパターン対処方法を纏めました。
「鉄板パターンと言えるトレード手法シリーズ一天四海」のブログ記事はこちら


-コラム